2016年2月24日水曜日

第2回 校区まちづくりビジョンを考えるワークショップ

2月8日(月) 19時から 「第2回 まちづくりビジョンを考えるワークショップ」が開催されました。
自治協議会(古屋明彦会長)主催、福岡市役所市民局コミュニティ推進課、南区役所地域支援課 共催で、実施されます。

第2回目の今回も、前回同様約40名の地域の方々や大学生などの参加がありました。

初めにコーディネーターの福田さんが、前回のワークショップの報告を簡単にされます。
そこでみえてきた「コミュニケーション」についてが今回のテーマです。


班ごとに「コミュニケーションがとれるとどんないいことがあるの?」について書き出していきます。
みんなにとって…
・安全安心の住みやすいまちづくりにつながる。
・災害時の声掛け、安否確認などがスムーズになる。
・いろんな情報の共有ができる。
・校区の行事に参加する人が増える → 役員選びがスムーズになる。
・飲み友達ができる!
高齢者にとって…
・孤独死が減る。
・災害時に助け合える。
・外出するきっかけができる。
外国人にとって…
・ルールがわかる。
子どもにとって…
・いじめがなくなる。
・自分を見守っていてくれるということで、自信につながる。
学生にとって…
・サークルなどの活躍の場が増える。
・家具、家電などのリサイクル
・力仕事で」お手伝いができる。
等が出ました。