2015年12月21日月曜日

校区まちづくりビジョンを考えるワークショップ

12月21日(月) 19時から 「まちづくりビジョンを考えるワークショップ」が開催されました。
自治協議会(古屋明彦会長)主催、福岡市役所市民局コミュニティ推進課南区役所地域支援課 共催で、2回実施されます。

第1回目の今回は、地域住民や校区の大学に通学している大学生、校区で働いている方々約40名の方が参加してくださいました。

最初に、コーディネーターの福田忠昭氏より校区の大まかな移り変わりのお話がありました。
 
5年前に比べ、人口が3000人近く増えていました。

塩原校区は、4つのブロックに分かれています。そのブロックごとに全部で7グループに分かれ、話し合っていきます。
まず、それぞれの良いところや問題点をピンクと黄色の付箋紙に書いて貼っていきます

ブロック(清水2丁目1区・2区・アーベイン清水)